HOME > 岡山県社労士会について

岡山県社労士会について

ごあいさつ

岡山県社会保険労務士会 会長 林 光洋  皆さんこんにちは。平成29年度通常総会において、新理事の皆様のご推挙により岡山県社会保険労務士会の会長として続投させていただくこととなりました。
 今、社労士業界には追い風が吹いています。政府は、日本経済再生に向けて「一億総活躍社会の実現」という旗印の下、「働き方改革行動計画」を閣議決定いたしました。そこに示された課題と対策は、非正規雇用労働者の待遇改善、長時間労働の是正、育児・介護・病気治療と仕事の両立、女性・高齢者・障害者の活躍推進、など様々ですが、いずれも我々の業務そのものに深く関わる分野であり、その一翼を社労士が担うくらいの気概をもって取り組んでいくべきテーマです。
 岡山県社会保険労務士会では、各種研修、親睦会のほか、実施事業は多岐にわたり、「個別労働紛争解決センター岡山」「街角の年金相談センター岡山」「年金・総合労働相談所」の運営、年金事務所窓口業務、社労士試験実施事務、学校出前授業、がん患者就労支援、労働条件審査など、専門的知見を活かした社会貢献事業を展開しています。昨年度は、厚労省より受託した「医療勤務環境改善支援事業」、岡山県より受託した「岡山県イクボス掘り起こし事業」「岡山県働き方改革企業サポート事業」不正燃費問題に端を発した「三菱自動車関連企業支援対策事業」、健康保険協会岡山支部からの「健康づくり推進事業」、国土交通省からの「建設業の社会保険未加入対策事業」も社会的要請に応える意義ある事業であり、各リーダーのもと精力的に事業を推進しました。今年度は、新たに、厚労省から「非正規雇用労働者待遇改善事業」の受託が決定しております。
 今年3月1日には「一般社団法人社労士成年後見センター岡山」が立ち上がりました。法人化することにより裁判所の信頼も得られやすくなり、さらなる活躍を期待するとともに、別法人とはいえ社労士会としてもそれなりの支援をしていく方針です。
 昨年から運用開始されたマイナンバー制度は、今ひとつ盛り上がりに欠けていたものの、年末になって税関係での収集にあわせて再燃し、今年は社会保険関係での本格運用がスタートしております。我々社労士は、この制度の運用を適切・迅速にサポートするために研修を重ねてきましたが、今後はさらに国民の皆様や企業へアピールし、ビジネスチャンスにつなげていくため、「社労士版特定個人情報保護評価」実施と「SRPU」マーク取得を推進し、さらに「経営労務診断サービス」へと業務拡大を図っていきたいと思います。
 このように、社労士に対する社会的評価と社会的ニーズは、ますます高まっています。我々社労士は、常に真摯な姿勢で研鑽と資質の向上に努めるとともに、高い倫理観と強い正義感を持ち、法令を遵守し、公正・公平な立場で業務に当たることが求められます。今一度、社労士法第1条に定める「労働及び社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与するとともに、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資することを目的とする。」いう基本スタンスを胸に刻みましょう。この初心を忘れると我々は社労士でなくなります。
 来年の社労士制度創設50周年に向け、そしてさらにその先へ前進していくために、新役員一同、皆様とともに努力を惜しまない覚悟でありますので、社労士会活動への理解と積極的な参加を心からお願いいたします。

(平成29年6月11日)

  • 無料相談
  • 法改正情報
  • 会員紹介
  • 事業報告及び事業計画
  • 入会について

倫理綱領

PAGE TOP

岡山県社会保険労務士会 〒700-0815 岡山市北区野田屋町2-11-13 旧岡山あおば生命ビル7階 TEL (086)226-0164  FAX (086)226-0180
mail: okasharo@okayama-sr.jp

Copyright (C) Okayama Certified Social Insurance Labor Consultants Association. All Rights Reserved.