HOME > 官公庁等よりお知らせ

官公庁等よりお知らせ

冬季における年次有給休暇の取得促進について(岡山労働局より)
休暇をとって、いつもと違う冬を探しに行こう。
〜計画的な業務運営や休暇の分散化にも資する
「年次有給休暇の計画的付与制度」の導入を!〜

事業主の皆様へ
年次有給休暇を取得しやすい環境づくりに取り組みましょう。
新型コロナウイルス感染症対策として実践されている、新しい働き方・休み方のスタイルを定着させ、これからも続けていくためには、計画的な業務運営や休暇の分散化にも資する年次有給休暇の計画的付与制度の導入や、労働者の様々な事情に応じた柔軟な働き方・休み方に資する時間単位の年次有給休暇の活用が効果的です。
 詳しくは、岡山労働局雇用環境・均等室(電話 086-225-2017)にお問い合わせください。
R4冬季年休リーフレット(両面)
倉敷市「電気・ガス価格高騰緊急経済対策補助金」について
倉敷市では、電気・ガス価格高騰の影響を大きく受ける倉敷市内の中小事業者を対象とした、緊急的な補助金制度を創設しました。対象者や制度の詳細は、チラシ及びホームページをご確認ください。

【問い合わせ先】
倉敷市事業継続支援室 コールセンター(平日9時〜17時)
TEL:086−426−3050
https://www.city.kurashiki.okayama.jp/39478.htm
リーフレット
毎年11月は「過労死等防止啓発月間」です(岡山労働局より)◇その3◇
◇その3◇ 過労死等防止対策推進シンポジウムチラシ
毎年11月は「過労死等防止啓発月間」です(岡山労働局より)◇その2◇
◇その2◇ しごとより、いのち。チラシ
毎年11月は「過労死等防止啓発月間」です(岡山労働局より)◇その1◇
11月は「過労死等防止啓発月間」です。
長時間労働を前提とした労働慣行から脱却し、年次有給休暇を取得しやすい雰囲気を醸成する取組として、経営トップのメッセージや、勤務間インターバル制度、テレワーク、年次有給休暇の時間単位取得・計画的付与制度などの導入、ノー残業デーの設定、年次有給休暇の取得による連休等が考えられますが、企業の実情に応じた取組を着実に行っていただくことが大切です。
また、厚生労働省では、過労死等を防止することの重要性について国民の皆さまに自覚を促し、関心と理解を深めていただくため、過労死等防止対策推進シンポジウムを開催いたします。
詳しくは、リーフレット、チラシをご覧ください。
◇その1◇ 働き過ぎていませんか?リーフレット
岡山市「エネルギー価格高騰緊急対策支援金」について
岡山市では、エネルギー価格高騰の影響を大きく受けている岡山市内の中小・小規模事業者の負担軽減を図るため、緊急的に支援金を支給します。申請受付はオンライン申請のみ。コールセンターも開設しています。
詳細は、チラシをご一読ください。

【問い合わせ・申請サポート先】
 岡山市エネルギー価格高騰緊急対策支援金コールセンター(9時〜17時:土日祝日除く)
 TEL:086−232−2264
 岡山商工会議所、岡山北商工会、岡山?商工会、岡山南商工会、?磐商工会瀬?支所
チラシ
全国健康保険協会(協会けんぽ)岡山支部「令和5年1月より申請書等の様式変更」について
協会けんぽでは、令和5年1月に実施予定の業務システムの刷新に合わせて、現行使用している申請書等について、よりわかりやすくすること、より記入しやすくすること、より迅速に給付金をお支払いすることを目的として、様式の変更を行うこととしています。
なお、新様式については、令和4年11月より、協会けんぽホームページに掲載を行うとともに、岡山支部では、令和4年12月頃から配布を予定していますが、新様式は、令和5年1月からの申請にご使用ください。

【問い合わせ先】
全国健康保険協会 岡山支部
TEL:086−803−5780(代表)
リーフレット
岡山市「省エネ機器導入補助金」について
岡山市では、令和4年度9月補正予算において、標記の事業(省エネ機器導入補助金)を実施する予定です。
この補助金制度は、岡山市内の中小・小規模事業者の将来的なコスト低減を集中的に支援するため、工場・店舗・事務所等へ設置する事業用の省エネ機器の購入・設置経費の一部を助成するものです。
なお、10月3日からオンライン申請受付を開始するとともに、同日からコールセンターも開設させていただくこととしています。詳細は、チラシをご一読ください。

【問い合わせ・申請サポート先】
岡山市省エネ機器導入補助金コールセンター(10月3日〜:9時〜17時:土日祝日除く)
TEL:086−232−2255
岡山商工会議所、岡山北商工会、岡山?商工会、岡山南商工会、?磐商工会瀬?支所
チラシ
岡山県最低賃金が令和4年10月1日から改定されました(岡山労働局より)
岡山県最低賃金が令和4年10月1日から改定されました。
時間額 892円
※特定の産業には特定(産業別)最低賃金が定められています。
詳しくは、岡山労働局 賃金室 рO86−225−2014 へ
https://jsite.mhlw.go.jp/okayama-roudoukyoku/hourei_seido_tetsuzuki/chinginkankei/saitin/saitin02.html
リーフレット
育児・介護休業法が改正されます!(岡山労働局より)
男女とも仕事と育児を両立できるよう、育児・介護休業法が改正され、今年4月から順次施行されています。
10月からは産後パパ育休(出生時育児休業)の分割取得がスタートします。
改めて社内制度の確認、就業規則の見直し等をお願いします。
詳しくは、厚生労働省ホームページをご覧ください。

また、岡山労働局ホームページに改正法の解説動画を掲載しております。是非ご活用ください。
岡山労働局雇用環境・均等室では育児休業に関する特別相談窓口を設けております。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。(086-225-2017)
<改正のポイント>
 令和4年4月1日施行 育児休業を取得しやすい雇用環境整備、個別周知・意向確認の措置の義務化等
 令和4年10月1日施行 産後パパ育休(出生時育児休業)の創設、育児休業の分割取得
 令和5年4月1日施行 育児休業取得状況の公表の義務化(従業員1,000人超企業対象)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000130583.html
リーフレット
9月から原材料高騰当に対応するため「業務改善助成金」※1を拡充します   (岡山労働局より)
9月1日から原材料高騰等に対応するため「業務改善助成金」※1を拡充します。
原材料費高騰等の要因で利益率※2が減少した中小企業・小規模事業者を特例の対象とし、これらの事業者の設備投資等に対する助成範囲の拡大、事業場内最低賃金が低い事業者に対する助成金の引き上げなどの支援拡充を図ります。
※詳しくは、岡山労働局ホームページ及び岡山労働局作成のリーフレットを下記URLよりご覧ください。

◇制度のお問い合わせ先 業務改善助成金コールセンター пF0120-366-440
◇ワンストップ相談窓口 岡山働き方改革推進支援センター пF0120-947-188
◇申請先 岡山労働局 雇用環境・均等室 пF086-224-7639

※1)この制度では、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げ、生産性を向上するための設備投資などを行う中小企業・小規模事業者の皆さまにその設備投資などに要した費用の一部を助成しています。
※2)売上高総利益率または売上高利営業利益率(申請前3か月のうちの任意の1月における総利益または営業利益の金額を売上高で除した率)

岡山労働局雇用環境・均等室 пF086-224-7639
http://jsite.mhlw.go.jp/okayama-roudoukyoku/hourei_seido_tetsuzuki/kakushu_joseikin.html
リーフレット
【中小企業の事業主の皆様へ】 令和5年4月1日から月60時間を超える時間外労働の割増率が5割に引き上げられます。(岡山労働局より)
労働基準法の改正により、令和5年4月1日から、中小企業の事業主に対して、月 60 時間を超える時間外労働の割増賃金率が現行の2割5分から5割に引き上げられます。

就業規則や給与システムの変更が必要となる場合がありますが、活用できる助成金もございますので、対応がお済みでない場合は、ご準備を進めてくださるようお願いいたします。

ご不明な点がありましたら、リーフレットに記載している相談窓口までお尋ねください。
リーフレット
10月の年次有給休暇取得促進期間について(岡山労働局より)
事業主の皆様へ
 10月は「年次有給休暇取得促進期間」です。年次有給休暇を取得しやすい環境づくりに取り組みましょう。
現在新型コロナウイルス感染症対策として実践している、新しい働き方・休み方をこれからも続けていくためには、計画的な業務運営や休暇の分散化にも資する年次有給休暇の計画的付与制度や、労働者の様々な事情に応じた柔軟な働き方・休み方に資する時間単位の年次有給休暇制度の導入が効果的です。
 詳しくは、岡山労働局雇用環境・均等室(電話086-225-2017)にお問い合わせください。
★(岡山局版)令和4年度年次有給休暇取得促進リーフレット
夏季における年次有給休暇の取得促進について(岡山労働局より)
ゆったり休暇で、夏を満喫。心身ともに充実を。
〜計画的な業務運営や休暇の分散化にも資する
「年次有給休暇の計画的付与制度」の導入を!〜

現在新型コロナウイルス感染症対策として実践している、新しい働き方・休み方をこれからも続けていくためには、計画的な業務運営や休暇の分散化にも資する年次有給休暇の計画的付与制度や、労働者の様々な事情に応じた柔軟な働き方・休み方に資する時間単位の年次有給休暇制度の導入が効果的です。
 詳しくは、岡山労働局雇用環境・均等室(電話086-225-2017)にお問い合わせください。
リーフレット
雇用調整助成金、緊急雇用安定助成金の確認書類の提出について(岡山労働局より)
雇用調整助成金、緊急雇用安定助成金について、審査を適切に行う観点から、休業実態、給与の支払い実態及び雇用関係の実態を確認するため、抽出した一定数の 事業所に対して、本人確認書類、給与支払いの確認書類を次回申請時に提出を求めることとします。
6月以降の同助成金の支給決定通知書にリーフレットを同封し案内します。
リーフレット
人材開発支援助成金 人への投資促進コース(令和4年4月創設)をご活用ください(岡山労働局より)その1
◆「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」(令和3年11月19日閣議決定)において、人への投資を強化するため、民間ニーズを把握しながらデジタル人材育成の強化等を行うこととされ、12/27〜1/26の間、厚生労働省ホームページなどにおいて、「人への投資」について国民の方からのアイディアを募集しました。

◆「企業の従業員教育、学び直しへの支援」や「デジタル分野など円滑な労働移動を促すための支援」などを内容とする提案が寄せられました。

◆「人への投資」を加速化するため、国民の方からのご提案をもとに、令和4年度から令和6年度までの間、人材開発支援助成金※に新たな助成コース「人への投資促進コース」を設けました。
※ 事業主が労働者に対して訓練を実施した場合に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等を助成する制度
@人材開発支援助成金 人への投資促進コースリーフレット
人材開発支援助成金 人への投資促進コース(令和4年4月創設)をご活用ください(岡山労働局より)その2
A人材開発支援助成金 人への投資促進コース助成率等
人材開発支援助成金 人への投資促進コース(令和4年4月創設)をご活用ください(岡山労働局より)その3
B人材開発支援助成金 人への投資促進コース 案内(詳細版)
「ウクライナ避難民への就労支援に係る県内企業向け説明会」の開催について(岡山県より)
岡山県では、公益財団法人岡山県産業振興財団及び岡山労働局と連携し、ウクライナからの避難が本格化した場合に備え、外国人である避難民が県内で就労するために必要な手続きのほか、国における就労支援や県内における避難民への支援情報を提供する、県内企業向けの説明会を共同で開催いたしますので、お知らせします。
チラシ
令和4年度65歳超雇用推進助成金制度のご案内(独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構より)
高年齢者の経験と能力を活かすために、高年齢者が活き活きと働ける職場の整備・雇用促進等を行う事業主へ「65歳超雇用推進助成金」の活用をご提案しております。
令和4年度版のパンフレットをご覧ください。
https://www.jeed.go.jp/elderly/subsidy/book_pumph/html5.html#page=1
  • 無料相談
  • 官公庁等よりお知らせ
  • 会員紹介
  • 事業報告及び事業計画
  • 入会について

倫理綱領

岡山県社会保険労務士政治連盟

PAGE TOP

岡山県社会保険労務士会 〒700-0815 岡山市北区野田屋町2-11-13 旧岡山あおば生命ビル7階 TEL (086)226-0164  FAX (086)226-0180
mail: okasharo@okayama-sr.jp

Copyright (C) Okayama Certified Social Insurance Labor Consultants Association. All Rights Reserved.